カジノゲームのルール

ポーカーの遊び方

ポーカーはトランプを使ったゲームの1つで、コントラクトブリッジやジン・ラミーと並んで世界三大カードゲームの1つに数えられています。世界中でよく知られており、オンラインカジノでも非常に人気があります。

ポーカーは、5枚の手札を組合わせてカードの強さを競争するゲームになります。

オンラインカジノでは自らがプレイヤーとなり、チップを獲得することを目指します。出来るだけ強い組み合わせを作って、チップを多く獲得すれば勝つことが出来ます。

ポーカーでは基本的に、ジョーカーを除く52枚のカードを使用します。一番強いカードは「A」で、K・Q・J・10・9・8・7・6・5・4・3・2といった順序で弱くなっていきます。スートの順序を強い順に並べると、スペード・ハート・クラブ・ダイヤとなります。

ポーカーでは、カードを組合わせてより強いハンド(役)を作ります。最も強いハンドはロイヤルストレートフラッシュで、同じ種類の札で数字が10・J・Q・K・Aとなってものをいいます。

その次に強いハンドはストレートフラッシュです。これは同種類の札で数字が順番に並んでいるものをいいます。例えば、ハートの3・4・5・6・7が並んでいる場合等です。

それからフォア・カードがあります。

同じ数字の同位札が4枚揃ったものをいいます。例えば、7の数字が4枚並んでいればフォア・カードになります。フォア・カードの次に強いのはフルハウスです。フルハウスは同位札が3枚と別の同位札2枚の組み合わせになります。

例えば6が3枚で2が2枚揃っている時がフルハウスです。相手もフルハウスだった場合には、3枚組の順位が高い方が勝ちとなります。

その次に強いのはフラッシュです。フラッシュは同種札が5枚揃ったものをいいます。例えば、全てスペードの札が揃っている場合です。フラッシュの次に強いのはストレートになります。

ストレートはスートの種類に関係なく、5枚の数字が続いているものをいいます。例えば、3・4・5・6・7の数字が揃っている場合です。スペードやダイヤ、ハートなど全てのスートが混じっていても関係ありません。

そして、スリーカード・ツーペア・ワンペアと続いて行きます。

スリーカードは同位札が3枚揃ったものをいいます。ツーペアは2枚ずつの同位札が2組出来ているものです。

ワンペアは同位札が2枚揃っているものをいいます。

同じハンド同士であれば、ペアを比較して順位が高い方が勝ちになります。もし、それも同じであればペアの中でスペードを持った人が勝ちとなります。

親となった人は、よく切ったカードを左側の人から順番に伏せて手持ちのカードが5枚になるように配って行きます。

親は左隣の人からチップを出すかパスするかを聞いて行きます。自分の手札が強いと思えばチップを出します。

そしてチップをかけていき、コール・レイズ・ドロップを選択します。コールは前の人と同じ枚数のチップをかけること、レイズはそれ以上のチップをかけること、ドロップはゲームを降りることです。レイズが1人になるまで行います。