オンライン決済サービス

スティックペイの登録・入出金方法

スティックペイは日本だけでなく世界で広く用いられている電子決済サービスです。

海外旅行やオンラインカジノなどで送金が必要な時にはこのスティックペイがあると便利です。

スティックペイ 公式ページ

事前に登録や入金などを済ませておけば、たったの1分でオンライン送金が可能ですし、このサービスは世界中どこにいても利用することが出来ます。

スティックペイの登録をするためにはまず、公式サイトにアクセスしてそのページの右上「会員登録」の項目を選択します。

すると画面上に口座開設のための入力項目が表示されるので、そこでメールアドレスや氏名、生年月日やパスワードなどの情報を入力していきます。

ここでは国名にJapanを、通貨は自分の目的に応じたものを選択していくといいでしょう。

これが終われば後は電話番号での認証が待っています。画面の説明に沿って携帯電話の番号を入力すると、SMSで認証番号が送付されるので、その番号を画面に入力して作業は完了です。

スティックペイで入金を行うためにはまず、登録後のトップページにアクセスします。

そこで入金という項目を選択していくと入金の方法が表示されます。

今現在では、ビットコインやクレジットカード、国内銀行送金、代替え支払い手段の4つの方法から選択が出来ますが、銀行送金の場合は手数料がかかったり送金されるまでに数日のタイムラグが発生したりするなどデメリットが生じるため、急ぎの場合にはおすすめできません。

こうした場合であればタイムラグが発生しにくいクレジットカードでの入金がベストです。

初めてクレジットカードで入金をするケースであれば、まずカードの登録をしなければいけません。

入金方法の選択画面でクレジットカードを選択すると、画面上に登録作業の説明がなされるため、後はその通りにカードのコピーをアップロードして作業は完了です。登録が終われば入金したい金額を入力してスティックペイが利用出来るようになるというわけです。

他の入金方法を選択した場合でも、画面の説明通りに希望の金額を入力して作業を進めていけば利用が可能です。

スティックペイで送金された金額は現地の銀行で出勤することが出来ます。

その際はあらかじめ現地銀行から出勤申請を行い、手続きの後手元にお金が手に入るというわけです。

もちろん、海外銀行から出金をすることも可能なため、その都度出金方法を変えるなど、臨機応変な対応ができます。

この他、MasterPrepaidカードを持っている人であれば、全国各地に点在しているATMから送金されたお金を引き出すことが出来るので、出勤申請や手続きの手間もかかりません。

すぐにでもお金が欲しい、そんな時でもカードさえあらかじめ作っておけば不便をすることは無くなるという事です。

電子決済サービスを利用する際には、ここであげたような基本的な使用方法はもちろんですが、利便性を高めるためのより詳細な情報もしっかりチェックしていくようにしましょう。

スティックペイ 公式ページ